土地活用にはどういう方法があるのか

遊休土地はどちらかというと余り広くない場合が多いものです。その場合には売却するか土地の有効利用を考えます。

 

土地だけを活用する場合とその上に建物を建てる場合の2つの方法があります。そして多くの場合は資金を借り入れたり、それに伴うリスクが発生することも少なからずあります。

 

まず目的と手段を検討するところから始まります。

 

固定資産税を少なくしたい場合には建物を建てるケースが多いものです。

 

その場合は置かれた環境や立地条件、競合業種などを検討して行くことになります。

 

都市計画法や建築基準法などの法令制限を受ける場合がありますので、これらの制限の中で計画して行かなければなりません。

 

又、権利関係では共有の土地の場合は所有者全員の同意が必要となりますし、収益計画を建てて行かなければなりません。

 

そして長い目で見ると相続の問題にも対処する必要があります。

 

さらに建築物が出来上がった後はその運営管理のことまで考えておかなければなりません。いつどんなトラブルが発生するかも知れません。

 

一番簡単で身近な例としては駐車場が考えられます。

 

敷地が広いケースは稀であり平面駐車場では狭い敷地を利用してコインパーキングなら少ない費用で始めることが出来ます。

 

あと都会の中にあって店舗の多い地区、とりわけ駐車場の不足する場所であれば立体駐車場にするという利用方法もあります。但し前面道路の幅員などの制限を受けることがあります。

 

アパートの場合には工業専用地域以外であればほぼどこでも建てられます。但し駅やバス停に近いとか利便施設などが回りにあるとかの立地条件も重要です。

 

マンションを建てるという方法もあります。これは駅に近いとか商店街や利便施設が近くにあるという条件に恵まれている必要があります。

 

鉄筋コンクリート造の3階建て以上になるケースが多く、資金もアパートの場合よりもそれなりに多くかかることになります。

 

あと戸建ての賃貸用住宅という方法もあります。戸建て住宅は需要が多い割には物件数が少ないという現状があります。

 

土地活用は色々な面を考慮して慎重に進めて行く必要があります。