マンション経営のすすめ

土地を所有していると、固定資産税を納める義務があります。

 

ですから、もし所有している土地を放置しているのならば、その土地が資産であることは間違いないのですが、ある意味、無駄な出費をしていることになります。従って、所有している土地は放置せず、有効活用することが懸命な判断です。

 

いくつか土地活用の方法はありますが、近年、声高らかに推奨されている方法がマンション経営です。

 

具体的には、放置している土地にマンションを建設し、家賃収入を得るという方法になります。

 

家賃収入は旨みの多い資産運用なのですが、唯一と言って良いリスクは借主がいないことです。

 

ただ、収益物件を複数所有していれば、そのリスクは大幅に軽減できます。

 

そして、複数物件を効率的に所有できるのがマンションを丸々1棟所有することです。

 

ですから、せっかく土地があるのですから、マンション経営をしましょうというのです。

 

ただ、当然、不安があることでしょう。まず最初の不安は、建設費用です。

 

一戸建住宅だって多額の建設費用がかかるわけですから、マンション建設なんてとんでもないと感じるのは当然です。

 

しかし、ローンが利用できますから、全額、予め用意しておく必要はないのです。

 

しっかりとした計画を立てれば、少額しか資金が用意できなくても十分可能です。

 

建設費用の問題はクリアしたとしても、今度はマンション経営が実際にできるのかという問題が悩みとなります。

 

素人がマンションを管理することは難しいことですし、また、入居者を集めることもノウハウのない素人には難しいことです。

 

しかし、この問題も心配ないと言えます。

 

なぜなら、マンション経営をサポートする会社があるからです。

 

そういった会社はマンションの管理はもちろんのこと、入居率が100%になるようなサポートもしてくれます。

 

そればかりか、マンション建設前、計画の段階からサポートしてくれます。

 

ですから、そういった会社のサポートを受ければ、素人でもマンション経営は可能なのです。