未使用地の有効な土地活用方法

所有している土地で未使用地がある場合、その大きさにもよりますが、土地の管理や固定資産税の支払い等、何かと労力を要することがあります。

 

そんなとき、誰しもが考えることが土地活用により収入を得るという方法ですが、お勧めの方法をご紹介します。

 

今回は2つの土地の大きさについてその方法を説明します。

 

まずは、土地の面積が広い(100坪以上)場合です。
この場合、よくある例は、賃貸アパートの建設です。初期投資が必要ですが、立地条件によりかなりの確率で元が取れますし、安定した収入を得ることができます。

 

現在は、その手の建設会社が、現場調査(アパートを建ててお客さんが入居するか)や返済シュミレーション・収入シュミレーションを細かく提案してくれるので、昔ほどのギャンブル性は無く、安心して実施することができます。

 

ただし、アパートを建てる場合には、近隣住民の快諾を求めることをお勧めします。法的に問題がないから建設するのではなく、あくまで、地域の方々に迷惑をかけないような形で進めるべきです。

 

また、立地条件的に賃貸アパートが無理な場合は、売却でも期限付きの土地貸しでも構わないので、第3者にその利用方法をまかせるのもひとつでしょう。小さな工場や、老人ホーム・ケアセンターなど、多少の立地条件が悪くても需要は必ずあります。

 

次に、土地の面積が50坪前後の場合です。この場合、公共の交通機関(主に電車)の近くの土地ならば、貸し駐車場がお勧めです。
駐車場については、敷地がコンクリートでも、砕石を敷いただけでも、大差なくお客さんが入ります。敷地の整備と水銀灯の設置程度で済みますので、少ない初期投資で安定した収入を得ることができます。
駐車場については不動産会社に管理を任せることもできますが、50坪前後の土地ならば、その管理はさほど大変ではありませんのでご自身で管理すことがお勧めです。

 

いずれにせよ、現状の土地を維持する費用を捻出しようとする考えを持つことが必用です。有効な土地活用とは、所有者、利用者の双方にメリットが無くてはならないことは言うまでもありません。未使用の土地をお持ちの方は、是非、一度考えてみてください。

 

眠らせている土地は何かしらの活用を

もし土地を所有していて、ただ眠らせているだけになっている方は、何かしらの土地活用を検討してみてください。

 

活用の仕方によっては大きな利益を生む可能性を秘めています。土地は高価なものですから、土地を利用して利益を生むということは誰にでもできるわけではなく、土地を所有している方だけの特権とも言えるんです。せっかく手にしているチャンスですので、是非有効活用するようにしましょう。

 

土地活用の代表的な例は、マンションやアパートを建築して、家賃収入を得る方法です。この方法では、定期的な高収入が見込めますから、利益率としては優秀ですが、マンションやアパートの建築費など、ある程度まとまった資金を用意する必要が出てきます。

 

周囲の環境を把握したうえで、入居者を誘致できるかという問題もありますから、個人で計画するよりも、不動産業者と相談をしながらおこなっていくことをお勧めします。

 

土地を所有していれば、最初に必要な資金の融資にも期待できますし、入居者の誘致なども業者側が請け負ってくれる場合も多いですから、頼りになる不動産業者がいれば運営を任せることで安心して計画に着手できるでしょう。

 

空き地の活用として、駐車場として貸し出す例も多いです。

 

この方法では、マンションやアパートなどの家賃収入よりは、収入の面において劣りますが、最初に必要な資金は抑えることが出来ますし、業者に依頼せず、個人でおこなうのも比較的容易です。コンクリを引くだけでも良いですし、土をまくだけならさらに費用を抑えることが出来るでしょう。

 

導入の費用も掛からず、安定した収入が得られますので、周囲の状況から利用者を確保できそうなら、まずはこの方法を試してみると良いかもしれません。

 

また、土地を売却してしまうのも立派な土地活用法だといえます。税金を支払い続けるよりも、土地を売却していまい、まとまった資金を得ながら支払いから開放されるのも賢い選択です。"

更新履歴